デジタル化された不動産事業は80%増加します

inmoogleデジタル化

パンデミックが始まって以来、不動産事業の80%以上がデジタル化されています

  • 取引では、需要のほぼ半分がすでにデジタルチャネルを通じてのみ受け取られています

  • セクターの進化への扉が開かれました

パンデミックが始まって以来、不動産事業の80%以上がテレマティックツールによってデジタル化されており、販売に関する問い合わせのほぼ40%はすでにデジタルチャネルを通じて行われています。。 これは、Redpisoがスペインでの調査サービスと240を超えるフランチャイズを通じて実施した分析に基づいています。

同社のオフィスは、88%のケースで、デジタルツール(管理またはコミュニケーション)の使用を開始または増加する必要がありましたが、 彼らは、ケースの90%で、クライアントにとってポジティブな変化であると考えています。 そして彼らの75%はドアが開かれたと信じています 業界の進化.

従来のスキームを使用することを好む割合は依然として45%を表します

ただし、クライアントの場合、採用は段階的です。 スタジオでは、Redpiso 従来のスキームを継続して使用することを好む割合が依然として45%であることを検出しました。 「パンデミックの開始時に非常に迅速に対応し、感染のリスクを最小限に抑えながらクライアントの業務が麻痺しないようにする方法に賭けました」と、RedpisoのCEOであるManuelFernándezは説明します。 「そしてそれは一時的な適応でしたが、私たちは今、変化がここにとどまっていることを知っています」と彼は付け加えます。

デジタル不動産鑑定は27年に2021%増加します

「多くの人が新しいツールに一定の制限を感じているにもかかわらず、顧客は特に節約された時間を高く評価しています。 不動産市場には 面と向かって 本質的に彼の性格でマークされている」とフェルナンデスは結論付けています。 この最後の点に対処するために、同社は360度の訪問やバーチャルツアーなどの新しいデジタル化システムと評価を取り入れました オンライン.

クライアントのプロファイル

クライアントのプロフィールに応じて、会社との連絡方法は異なります。 デジタルクエリの87%以上は、25〜40歳の人々によって行われています そして、40%のケースで55歳から12歳までの一般市民によるものです。 したがって、従来のチャネルを介した通信は、若い人々の11%のみが使用しますが、40〜55歳の間では、この割合は55%であり、34歳以上の人々の55%が使用します。

出典 El Economista    #ImInmoogler

プロパティ おすすめ

あなた シェア

リストを比較する

比較する